teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お久しぶりです

 投稿者:セツナ  投稿日:2012年 2月15日(水)00時15分32秒
返信・引用
  こんばんは!お元気ですか?
プロフ消してしまって…Pictureさんには掲示板を作って頂いたりしたのに、挨拶も出来ずに、お恥ずかしいことです(^_^;)
改めて感謝です。出来るならもっと沢山お話したかったです!
今もお元気でいらっしゃることをお祈りします。
それでは('∀')/
 
 

Re: オーブリー・ビアズリー

 投稿者:セツナ  投稿日:2011年 9月22日(木)00時03分45秒
返信・引用
  > No.3[元記事へ]

私、サロメ大好き。ちっとも狂気じみてると思わない。もちろん物語の世界だから、ですけど…
 

オーブリー・ビアズリー

 投稿者:pictures  投稿日:2011年 9月18日(日)11時24分29秒
返信・引用
  ビアズリーの作品には、オスカーワイルドの著作が好きでいろいろと読む中、彼の書いた「サロメ」の挿絵として出合った。大半がモノトーンで、耽美さとグロテスク、エロティシズムが並立する作風に惹かれ、作品展に足を運んだり、画集を買うようになった。
画像は手持ちの画集から。サロメの想いを拒むヨカナーンを斬首し、語りかけながらその首に接吻するシーン。作品と挿絵は岩波文庫発刊の「サロメ」で目にすることが出来る。
 

ラウル・デュフィ

 投稿者:pictures  投稿日:2011年 9月15日(木)16時30分39秒
返信・引用
  「青のデュフィ」の異名を持つ。青色を多用した美しい色彩表現が魅力で、好きな画家の一人。分類上は野獣派だけど、荒々しさよりもやさしさや柔らかさ、明るさが感じられる作品が多い。代表作はほかにあるけれど、いま傷心の私が選ぶのは「ル・アーヴル港に訪れた英国船」。綺麗で楽しそうで、少し心が晴れる…。セツナさんのリクエストには応えられていないかもしれませんが、ご勘弁を。今はデュフィしか思い浮かばなくて><  

リクエスト

 投稿者:セツナ  投稿日:2011年 9月14日(水)15時21分39秒
返信・引用
  最近煩悩が多い薄汚れた私めに、心が洗われるような絵を紹介してくださいませんか(>_<)  

レンタル掲示板
/1